青山テルマ!子守歌効果あり!曲はそばにいるね!寝かしつけに!ホンマでっかTVで検証




2019年7月14日 21~時放送

『ホンマでっかTV

ゲストの青山テルマさんが

自身の曲、「そばにいるね」を子供に歌うと寝付く事が多い!との事で、

【青山テルマの「そばにいるね」が本当に子守歌効果があるのか】

を実際に検証&専門家による科学分析が行われました!

今回は、その結果や内容をまとめていきたいと思います!

子供は本当に寝付く!?

保育園でお昼寝の時間に「そばにいるね」を流してみると、

いつもは、一時間かかる寝かしつけが30分で熟睡!

5人中4人は、寝ましたがいつも寝ないお子さん1人は、カメラもいたこともあり、最後まで寝なかったそうです。

4人はいつもより早く寝る事が出来たそうです!!

スポンサードリンク

科学的分析の結果、『非常に子守歌に最適!』

民事事件・刑事事件の音声分析を1000件以上こなしてきた

音の鑑定・分析のスぺシャリスト鈴木 創 氏によると

科学的に見て

「そばにいるね」は優れた子守歌!!

だそうです!!

「そばにいるね」が子守歌の最適な理由は3つ!

① 周波数

② テンポ

③ 声色

周波数は、子供が聞き取りやすい000~7000ヘルツの音が少ないため子供の耳に過度な刺激を与えないので、耳触りが良くリラックス状態になる!

テンポは、 「そばにいるね」の曲のテンポは80BPM(一分間に80拍)で、これは幼児が寝るときの心拍数に近く「そばにいるね」を聞くと徐々に寝る時の状態に近づくのでリラックスする!!また、曲のバスドラムが効いているので、心拍数をイメージしやすいそうです!

一般的な子守歌は、60BPMで、鈴木氏曰く、ちょっと遅すぎるそうです!

サビ部分も声を張り上げていないため、青山テルマさんの歌声と男性の低いラップに安心感を与える効果がある!!

同じ80BPMの曲でもMISIAさんの曲は、サビに声を張り上げるので、眠るのには向かないとの事です。

スポンサードリンク
青山テルマ「そばにいるね」の動画は
次のページへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする